×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


国内で漫才大会を開きたかったクーヤだが
一人秘密裏にコトを進めていたため、部下の猛反対を受け断念。
計画自体は完璧だったが人心把握は出来ていなかったのだ。
そのことにさすがのクーヤもこたえたようで、
ハクオロに弱音を吐いていたのがこのシーンです




嘘です、騙されてはいけません

実際ハクオロはエルルゥに頼ってたってより 戦火の中の清涼剤みたいな存在に感じてたんだろうな、アニメでは。 ここではその逆だが(笑)